大人が赤い口紅をつけてフケ顔にならない裏技

50代は赤い口紅が似合う年頃と言われています。
(真っ赤だけじゃなくオレンジ系やピンクも含む)
赤いリップが似合うのは大人の印。 だけどつけ方を間違えるとケバくなったり、老け顔になってしまう。
赤い口紅をきれいにつける裏技をご紹介します。

「50代に赤い口紅が似合う理由」

赤い口紅?! 若い子のものでしょう?と思いませんでしたか。
私はそう思ってしまいました。 自分が20代のころ真っ赤な口紅がとても流行ってつけていたし、最近も若い女性のメイクに赤リップをよくみかけていたから。

ところが、ほんとは赤い口紅が似合うのは50代。

ちなみに「赤」と言っても、真っ赤だけではなくオレンジやピンク系も含んで赤い口紅です。

もとピチカートファイブの野宮真貴さんは50代になってから赤い口紅をつける機会が増え、「赤い口紅があればいい」というエッセイも出版されています。
(アラフィフ向けおしゃれ指南本のなかでかなり面白いです)

それまで使っていたベージュ系や薄いピンク系のリップがなんだか冴えないと感じるのがアラフィフ世代。

顔全体がぼやけてくる50代には赤はキリッと顔を引き締めてくれるし
顔色が良く見える赤を塗ると元気でイキイキしたイメージになります。

黒い洋服を着て赤いルージュをひく。

若い子なら一歩間違うと下品になるところが、大人女性なら艶やかでシックになります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




「赤い口紅を塗るときのコツ」

とはいえ、大昔の今井美樹のようにベタッと真っ赤を塗ると逆に老けを加速させてしまいます。

1・唇のくすみを消しておく
口紅をのせる前の唇に、ピンクベージュなどの淡いリップライナーを引き、くすみを消しておきます。
このワンステップを踏んでから口紅をのせると、口紅の色がクリアに際立って若々しい印象に。

2・赤い口紅はベースメイクのすぐあとに塗る

ベースメイクを塗ったあと、赤いくちべにをすぐに塗ります。

いつものプロセスでベースメイク、アイシャドウ、マスカラ、眉を描いてから赤い口紅をぬると
「あらら、なんだかケバいわー」となります。

普段より少し引き算をしたくらいのメイクが明るいリップを引き立ててくれます。
フルメイクをしてからだと、引き算がうまくいかないので、最初に塗るというわけです。

フランス人の女性はファンデーションを塗らずに、赤い口紅だけを塗る人も多いと聞きます。

それくらいの抜け感が粋でおしゃれに見えるのかも。

3・口紅は真ん中にポチッとのせる

唇全体に口紅をのせてしまうと、ベタッとした古臭い印象に。
くちびるの真ん中あたりにだけのせて、指で縦じわの内側までしっかりと伸ばしていきましょう。

「赤い口紅の選び方」

しばらくベージュ系ばかり使っていたりすると、赤い口紅は手をのばしにくいかもしれません。

最初はコーラルピンクやオレンジでならし、シアータイプの口紅や、リップグロスなら赤でも塗りやすいはず。

いよいよ慣れてきたら、お出かけのときにバシッと発色の良い赤を使ってみましょう。

カジュアルなときは、ラズベリー系のちょっと青みのあるレッド
ハリウッド女優風のグラマラスな赤は、朱色に近いクラシックレッド

「口紅が落ちないようにする裏技」

口紅が落ちやすい

口紅を塗った後、ティッシュペーパー(二枚重ねを1枚にはがして)を唇に貼り付ける。
ティッシュペーパーの上から、ルーセントパウダー(お粉、フェイスパウダー)をパフで叩き込み、その上からもう一度口紅を塗る。

歯に赤い口紅がつくのを防ぐ

余分な口紅を落としておきます。
その方法は、人差し指を唇にくわえてそっと引き抜く!これでOK

このテクニックふたつは、野宮真貴さんの本に紹介されていました。

歯に赤い口紅がつくのを防ぐ方法は、女装家(ドラァグクイーンのかたに教わったそうです)

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする