大人の手荒れを防ぐハンドケアとハンドクリーム注意したい尿素クリーム

冬になると手の荒れがとても気になります。また手には年齢が出ると言われていて、要注意したい箇所。
手荒れを防ぐハンドケアと美容のプロおすすめのハンドクリーム、そして注意したいハンドクリーム成分をご紹介します。

「水仕事で手荒れ予防のしかた」

手荒れがしやすい人が使いたいゴム手袋

手荒れ予防のため家事をするときは手袋をしている人も多いと思いますが、そのゴム手袋が手荒れの原因!ということもあります。
ゴム手袋を使っているけど手荒れするという方は、ゴム手袋を見直してみましょう。

粉付きのもので手荒れをしている人も多いので、粉無しのもの。
そして肌と環境にもやさしいニトリルゴムを使用したものが手荒れしにくいです。

肌に優しい食器洗い

・サンセブンハイアール
温泉成分とコラーゲン配合の手作り固形石鹸です。
油汚れはもちろん茶渋もよく落としてくれます。

・アティチュードデュッシュウォッシュ
肌にとって刺激になりやすい硫酸塩(硫酸Na)や石油系の界面活性剤、リン酸塩等の刺激性化学物質、人工香料を含まないため人体に無害

微生物によって分解されやすい成分でしか作られていないので環境に優しい製品
泡立ちはすくなめです。 香りは好みが分かれるかもしれません。

など。 洗剤は相性もあるので、誰もが絶対に荒れないとは言えないところですが

洗剤を変えただけで手荒れがなくなったという人も多いものです。

「美容のプロおすすめのハンドクリーム」

ヘアメイクアーティストさんはハンドケアも大切にされていて
おすすめハンドクリーム情報が参考になります

「中野明美さんおすすめのハンドクリーム」

安室奈美恵さんや、YOUさんのヘアメイクさん

・メンソレータム ヒビプロ
低刺激で患部をしっかりと守る働きがあり水に強い

・ユースキンA
血流を促すビタミンEと保湿成分グリセリンなど肌荒れ改善有効成分が含まれている。

便利なポンプ式

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ユースキンA ポンプ(260g)【ユースキン】
価格:1625円(税込、送料別) (2017/11/20時点)

・ニベアクリーム
天然の皮脂膜に似た働きで、肌の潤いをキープ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニベア クリーム 青缶 169g【楽天24】【イチオシ品】【イチオシ】
価格:564円(税込、送料別) (2017/11/20時点)

いずれもスーパーや、ドラッグストアで手に入りやすいハンドクリームです。

「山本浩未さんおすすめハンドクリーム」

・アベンヌハンドクリーム
バームとクリームの間くらいの質感、しっとり感と潤いが長く続き手荒れの修復効果がホントに高い
水仕事が多い人にもおすすめ。

・まかないコスメ
金沢の金箔屋さんで働く人の手肌を守ってきた、昔からのレシピで作られたハンドクリーム
潤いキープが長く、シーズンごとに香りの限定商品が発売されるのも楽しみ。

(2017年の冬は、ゆずはちみつの香り)

「アンミカさんのハンドケアと手の黒ずみを防ぐ方法」

モデルでタレントのアン・ミカさんは
顔に使う化粧水や美容液をそのまま手にも使用

さらに週一度ゴマージュもされています。
そのやり方は
ホホバオイルに海塩などの天然塩を混ぜ合わせ
手、指、爪にマッサージするようになじませてから洗い流す。
最後に化粧水と乳液で保湿

とくに指の関節部分は角質が溜まって黒ずみやすいので、こまめに。

「ハンドクリームで肌荒れしやすい人はマカデミアナッツオイルがおすすめ」

マカデミアナッツオイルは、皮脂にもっとも近いといわれる天然の皮脂で
肌になじみやすい「パルトミトレイン酸」をたっぷり含むので、角質へ高い浸透効果があるオイルです。

いろいろなオイルの中でも、皮脂が足りなくなってきた手肌には一番ピッタリです。

使い方のコツは
少量を揉み込むようにしてマッサージしてから、ティッシュで軽く指先を拭います。
こうすると、ベタつかず使いやすいです。

ハンドクリームは、香料や添加物が含まれるので肌が弱い人には合わないこともあります。
マカダミアナッツオイルも、100%のものを選ぶと安心です。

マカダミ屋のものはマカダミヤナッツオイル100%で、お試しサイズがあります。

私は、今年マカデミアナッツオイルを毎日使っているのですが浸透する時間が早くべたつかないので使いやすいです。

冬になると人さし指の横が、カミソリで切ったようにいくつも切れ目が入るのですが、

マカデミアナッツオイルのおかげで今年は荒れ知らず

爪にも塗っているので、爪も丈夫になってきたようです♪

「注意したい尿素配合クリーム」

保湿ができて角質をやわらげてくれる成分として、尿素の入ったハンドクリームが人気でしたが
尿素配合クリームには注意が必要です。

なぜなら!尿素は角質を溶かしてしまう力があるから・・・
つまり、使ったときは肌がやわらかく感じるけど、手荒れを改善しているわけではなく、尿素によって角質が薄くなっていくことも。

手荒れが気になるかたは使わないでおいたほうが良いかも。

年齢が一番出るといわれる手

ハンドケアにこだわりを持つ人はとても多いですが、どの人もハンドクリームはつねに持ち歩いてこまめに塗りなおしているようです。

家では塗るけど、出先で手を洗うとカサカサになっていたりしますものね。

注意、注意。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする