夏のドロドロメイク崩れを防ぐ裏技あれこれ

夏はメイクしたくなーい。スキンケアもしたくなーい。
だってすぐに化粧崩れするし、保湿なんてしようもんなら肌がベタベタになるし。
ところが、これって大きな間違いでした^^;

アラフィフには夏こそ保湿が大切、そして崩れないメイク法っていうのがちゃんとあったのです。

「化粧崩れの原因は3つ」

朝丁寧にメイクをしたつもりでも駅に着く頃にはもう崩れてるー。
なんてことありますよね?

うんと薄化粧にすると、それはそれでアラが目立つし^^;

化粧崩れの原因は大きく分けて3つ。 乾燥、皮脂、汗。
原因別の対策と、メイク崩れを防ぐ裏技をご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




「乾燥が原因の化粧崩れ」

夏は乾燥知らず〜♪

と思いがちですが、実は夏こそ肌が乾燥しているそうです。

エアコンに、紫外線、そして大量の汗をかくため、肌の水分はどんどん蒸発しているのだとか!

だけど、肌の表面はベタついているから乾燥してるって認識が無いので、冬ほど保湿はしっかりしないので
どんどん肌の内側の水分が蒸発して乾燥肌が加速。

肌が乾燥すると、メイクが密着できなくなって崩れやすくなります。

「過剰な皮脂分泌で化粧崩れ」

余分な皮脂がたくさん出てメイクが崩れまくる夏。
ですが肌の内側は乾燥による水分不足です。
だけど肌は水分をキープしないので、水分が足りない代わりに油分を出して補おうとするそうです。

これが化粧崩れの原因。

「夏は肌がオイリー」と思っていても、実は内側は乾燥。

保湿がなにより大切です!
とくに水分を挟み込んで逃がさない、セラミド入りのコスメを使うと角質層の水分が保たれ、
肌のバリア機能も助けてくれます。

夏こそたっぷりの水分と保湿で化粧崩れしにくくなります。

「汗による化粧崩れ」

夏は不規則な生活、ストレス、食生活の乱れなどで女性ホルモンのバランスが崩れ自律神経が乱れます。
自律神経が乱れると、体温調節がうまくいかなくなって、顔に汗がふきだすことに・・・。

また、アラフィフ世代は顔に汗をかきやすくなる人も多いですよね。

つまり、女性ホルモンのバランスを整えると発汗をセーブすることができます。

それには
睡眠をたっぷりとる
ストレスを溜めない
女性ホルモンに似ている成分を含むイソフラボンを含む豆類を取る。

など、特にストレスを溜めないことは大切だそうです。

さらに手っ取り早く汗をかいてもよれにくいメイク法も実践しましょう!

「化粧崩れしないメイクの裏技」

・保冷剤で首の後ろを冷やす
首筋にある太い動脈は、顔を直接冷やすより効果的に体を冷やしてくれます。
保冷剤をタオルに包んで首を冷やしましょう。

・ファンデーションの前にルースパウダーを使う

※ 画像お借りしています

ルースパウダー(おしろい)には余分な汗や皮脂を吸着してくれます。
メイクの最後に使うのが一般的ですが、ファンデーションを塗る前にルースパウダーを使うと
崩れにくさがアップ。

化粧直しのときもファンデーションの重ね塗りより、ルースパウダーを使うと
透明感が出てきれいにみえます。

もちろん、ファンデを薄くぬるのも崩れないコツ。
ファンデーションは厚く塗れば塗るほど崩れやすいので。

私はマキアレイベルの薬用クリアエステヴェールは汗につよく薄づきなので愛用しています。
このファンデにしてから、化粧直しがうんと減りました。

夏はできるだけ出かけたくないので通販で買えるところも良い♪

マキアレイベルこちらのサイトでお得に買えるキャンペーン中

⬇︎   ⬇︎   ⬇︎

マキアレイベル神ファンデキャンペーン中公式サイトはこちら



スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする