アラフィフ眼瞼下垂手術を受ける!目が腫れまくり顔面内出血中

スポンサーリンク

突然ですが、わたし

先日、眼瞼下垂手術を受けました!

ずっと気になっていた眼瞼下垂ですが

手術してよかったよかったとは、まだ程遠い(笑)

腫れとの戦い中です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




私が眼瞼下垂手術を受けた理由

40代になったころから、瞼が引っ込んで

瞼にシワが何本も出来てました^^;

奥二重だったので、最初は二重っぽく見える!と思っていたら

どんどんシワが増えて、今は片方に4本くらシワが寄ってます。

それが40代半ばになったころにはおでこにクッキリ二本シワができて

リファとか、美容鍼とかいろいろやっても全然減らない。

さらにここ2、3年は

目が開きにくいんです!

夕方くらいから次第に目が開きにくくなって

気合いを入れておでこに力をいれないと目が開かない感じ

これが眼瞼下垂か

夜仕事をしたくても、目の調子が悪くて仕事ができない。

ベッドで本を読みたくても、目が開きにくくて読むのが億劫になり

タブレットをだらだら見る日々。

眼瞼下垂について軽く調べるようになり、

いつか受けようと心に決意!

地曳いく子さんの眼瞼下垂手術記事を読む

雑誌my ageで、スタイリストの地曳いく子さんが眼瞼下垂手術を受けた

体験記が載ってました。

地曳さんが受けたのは、保険適用手術でお値段は5万円以下ととてもリーズナブルな上

地曳さん、ほとんど腫れもなく1週間くらいできれいになっていて

目が開きやすいっていうんですよ

これは急いでやってみよう!

地曳さんがやってもらったクリニックにしようかなと思ったら

私が見た口コミサイトではあまり評価が良くなくて

行きやすい場所にあって、口コミも良さそげな新宿のクリニックで手術を受けることにしました

私が眼瞼下垂になった原因

クリニックで目のチェックをしてもらうと、私の眼瞼下垂は

軽度〜中程度の中間くらい。

眼瞼下垂になる原因はいろいろとありますが

私の場合は

ハードコンタクトを長く使っていたことが原因のひとつでは無いかと。

ハードコンタクトよりソフト、ソフトコンタクトよりメガネ

スポンサーリンク

の方が瞼に負担がかからないのだそうです。

私は、18歳から45歳までハードを装着していました。

(現在は視力回復手術を受けてコンタク使用は無し)

そのほか、瞼をこすることや、マツエクやつけまなども瞼に負担がかかり

眼瞼下垂の原因になるようです。

また、一度伸びてしまった瞼(眼瞼下垂になっちゃったまぶた)は

アイクリームや、頭皮マッサージ、美容器具などで戻ることは無いそうです。

せっせとアイクリームとか使ってても、治らないわけです!

眼瞼下垂手術を受けてきた

私が受ける手術は形成外科的なもので、

瞼のたるんだ部分を切り取り、瞼をすっきりと二重にします。

と聞くと簡単そうなので、時間もそれほどかからないだろうとタカをくくっていたら・・・

これがまぁ、麻酔は痛いし(まぶたに打つ)、時間は2時間くらいかかるし、

結構大変でした。

麻酔は少量ずつちょいちょい打つので、切れてくると痛いときもあったり。

早く終わってーと祈る思いでした。

しかも、受けた直後からの腫れの凄さ!!

地曳さんの写真はあまり腫れていない感じだったけど

私は腫れまくって、4日経った現在もすごいです。

とても外出なんて出来ない。

試合直後ボコボコに殴られたボクサーの八重樫東そっくりの目です。

しかも瞼が腫れるだけじゃなく、目の下が内出血でどす黒くなるんです。

サングラスをかけないと出かけれません。

それも色の濃いものじゃないと・・・。

かなりトホホな状態です。

で、何よりツライのは一週間はアルコール禁止です。

これはもう厳禁とされています。

量は飲めないけど、毎日ワインをグラス2杯飲むのが楽しみで仕方がない私にとっては拷問にちかい^^;

早く一週間経ってくれーと祈る思いの日々です。

腫れも早く引いてくれー。

腫れ本当に引くのでしょうか?と不安になっているんですけど・・・^^;

しかし、メリットも感じています。

瞼はまだ腫れているにもかかわらず、目がすっと開きやすいこと

というか、眼瞼下垂手術前の目の開きにくさがなくなったんです。

そして、前よりおでこのシワが目だたなくなったような・・・。

にしても、腫れの凄さと目尻に涙がたまりやすくて、毎日鏡ばかり見てため息ついてしまいます^^;

結果オーライになって、良い報告ができたらいいなぁと思ってます^^

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする