ファッション通販ZOZOタウンをamazonが超える日がやってくる?!

ファッション通販サイトの最大手といえば、「ZOZOTOWN」
しかし日経MJ新聞によると、その牙城が揺らぎつつあるそうです。
ZOZOが脅威に感じているのは、amazonジャパンがファッションジャンルに本腰を入れ始めたから。
さて、ゾゾとアマゾンどちらが消費者にとって使いやすい通販サイトになるのか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




アマゾンがファッションに本腰を入れ始めた

日本では、アマゾンと洋服ってあまりピンと来ない人がほとんどでは無いでしょうか?

一方、アメリカでは衣料販売大手の1つになっていて、2017年アマゾンの衣料品販売高は日本円で3兆円を超え全米最大の衣料品販売店になるとされています。

アマゾンの快進撃で、既存の企業は大打撃を受け、アメリカのギャップは約200店を閉鎖
米百貨店大手のベイシーズも、店舗閉鎖に追い込まれています。

日本でも昨年の秋から、ファッションイベントのスポンサーについたり、ファッション=アマゾンを定着させるべく本腰を入れ始めています。

迎え撃つzozoタウンは勝ち逃げできるのか?

国内で一人勝ちを続けているファッション通販サイトはZOZOTOWNです。

取扱い高は2017年3月期2120億円時価総額は1兆円を超えています。

ゾゾの特徴としては
・すべての服をゾゾの基準で測り直して表示
・写真が多い
・コーディネイトの提案をしている
・取り扱いブランドは約5800

しかし一方では、ゾゾに出店している企業からは「売れてももうけは少ない」という不満もおおく聞かれます。

それは、撮影や販促をゾゾが引き受けてくれるかわりに、売上高の約3割強が手数料として引かれるシステムがあるから。

「アマゾンの販売力が上回ったらそっちに移っても良い」と考えている出店者さんも多いそうです。

アマゾンの通販サイトの良いところと悪いところ

「アマゾン通販の良いところ!」

まずなんと言っても、

「送料も返品時の送料も無料」

amazonが発送するファッションアイテムは基本的に送料無料です。
さらに30日間返品が可能なんです!

通販あるあるで、写真で見たイメージと実際の商品がちょっと違う。
そして着てみたら似合わなかったというケースもありますよね^^;

アマゾンはここで我慢する必要がありません。
なぜなら、アマゾンは試着したものでも「返品ができるから」です。

しかも、返品するときの送料も無料です。

どんだけ親切なの!!

なので、例えばデニムとかサイズが24なのか25なのかビミョーなことってありますよね。
そんなとき、両方とも取り寄せて合わなかった方を返品するなんてことが出来ます。

「売り切れていた商品が見つかることが多い」

そして、他のサイトでは売り切れているものがアマゾンには在庫有りの事が多々ある。

これは私も何度か経験しているのですが、他の通販サイトでは即売り切れてしまう人気商品ってありますよね。

「あ〜、もっと早く買ってれば」と悔やんでも遅い(泣)

それがアマゾンで検索すると、あっさりと売っていたりすることがあります。

「セールになっていることが多い」

また、同じ商品でも他ではセールになっていないのにアマゾンではセールになっていたなんてことも多いです。

「amazonはセールが多いから利用している」という人も多いのが特徴のひとつ。

諦める前に、検索してみましょう!

「アマゾン通販の残念なところ」

いっぽうで残念だなぁ・・・、と感じることもいくつかあります。

正直取り扱いブランド、取り扱い数ともにまだまだイケてないなぁと感じることも多いです。

そして一番残念なのは、写真が超無機質!

欲しい商品について詳しい情報が無いし、モデルの着画像もあまりありません。

これってどうなのよ!ですよね(笑)

なので、私は欲しい商品は他のサイトで調べたりします。

ただ、ここはこれから改善されるようです。

なぜなら、アマゾンは来春
東京品川に4階建ての撮影スタジオを設けます

そこで年100万点を超えるという商品画像や動画の撮影をする計画。

圧倒的な資本力があって投資をおしまない企業のアマゾンですから、今後サイトがどんどん重ねられることは多いに期待できますね。

アマゾンのファッションページはこちら

⬇️     ⬇️

アラフィフ世代おすすめファッション通販サイト

通販で買い物するのが好きなもので、通販サイトはいくつか利用していますが
ファッションで一番利用しているのは、集英社が運営する「FRAGSHOP(フラッグショップ)」

人気の大人ブランドの取り扱いが多く、集英社の人気雑誌、marisol、eclat、LEEの発売日には雑誌で推している洋服がまるっと通販サイトでも販売されます。

そして注文してから届くまでが早いのも嬉しいです。

フラッグショップのおすすめポイントはこちらにまとめてみました>>>

つぎに利用しているのは、「ELLESHOP(エルショップ)」
フラッグショップに無いものが、エルショップにはあったりします。
サイトもとてもおしゃれだし、眺めていると目の保養になります。

ちょっと残念なのは人気がありすぎるのか、品切れになるのが早いこと。
気になった商品は即買いしないと、あらら売り切れだわ・・・となることもしょっちゅうです。

エルショップのおすすめポイントはこちらにまとめてみました>>>

ゾゾタウンは利用しないのか?
ZOZOタウン、以前は利用したことがあるのですが
アラフィフ世代にはちょっと若すぎるんですよ。

取り扱っているブランドも若めだし着画が多いのは嬉しいけど着ているモデルが若すぎるのはアラフィフにとっては致命的(笑)

今はほとんど利用していません。

夫はゾゾでバッグやら、Tシャツやらを買っています。
どうやら男性には使いやすいようです。

気になる商品があったら、アマゾンもチェックしてみる。

そうすると時には思いがけずセールになっていたり、売切れ商品が見つかったり、嬉しいことがあるかもしれませんよ♪

アマゾンファッションページ詳しくはコチラ

⬇️   ⬇️

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする