大人のカットソー1枚でもキチンとおしゃれに見えるデザイン買ってはいけないもの

先日今年買ったばかりのカットソー(ノースリーブに少しフリル袖のついたもの)を着て出かけました。
ところが出先の鏡を見てギョッ!!!
体にフィットしすぎていて胸がやけに垂れて見える私がそこに・・・。

ゆっくり買い物するつもりが、慌てて帰ってきました^^;

以来そのカットソーは恐ろしくて着ていないのですが、アラフィフが今まで通りテキトーにカットソーを選ぶとこんな恐ろしいことになるのか・・・と思い知り、50代が着るべきカットソーについて調べてみました。

「大人のカットソーはサイズ選びが大切」

動きやすくて柔らかい生地。
それがカットソーの持ち味ですが、逆にいえば体のラインを拾いやすいってことですよね。

背中や肩の肉を拾ったり、襟ぐりが広すぎるものはバストが妙に強調されたりするので注意が必要。

サイズ感は、試着をしてみて生地がカラダにつかず離れずになるものがベスト。
試着をするときは、サイズ違いで2種類以上は試したいところ。

気に入ったカットソーはサイズ違いで揃えておくという人もいます。
Sサイズは体がシュッと締まっているとき、Mサイズは少し体重が増えている日に、という感じに使い分けるそうです。

「大人カットソーはこんなデザインが吉」

大人が着るカットソーはだらしなく見えない、きちんと感のあるものを選びたいですよね。

デザインできちんとしたものを選ぶなら、襟ぐりがポイント。
襟ぐりの開きは浅めで、鎖骨が少し出るくらいが上品な印象。
リブの幅が広いものはよりカジュアルになるので、リブは狭いものか付いていないものがきちんとして見えます。

全体のデザインは、切り替えやタックが入ったりした少しアクセントのあるもの。
1枚で着ても、さまになるものがベストです。

ただしビジューや刺繍が入ったものは着こなしの幅が狭くなるので、シンプルな無地のものを選んでアクセサリーでアクセントをつけた方がよい。

「袖のデザインを制すれば大人のカットソーは洒落て見える」

試着したときにチェックしたいのは、二の腕の見え方。
ムチムチしていないか横からも確認。

自分の腕が一番スッキリと見える袖の長さを吟味しておきましょう。

フレンチスリーブ、袖幅が広めでストンと落ちる五分丈、フリル袖などは万人向け。

フレンチスリーブのような短め丈は、腕を細く見せるのに効果的。

腕が太めだったり肩幅がある人がフレンチスリーブをきるときは、Vネックやスクエアネックなどほどよく首元に開放感があるものを選ぶとスッキリ。

マディソンブルーのT-shirt

大人ブランドマディソンブルーの中山まりこさんがデザインするTシャツは、Vネックでフレンチスリーブ

広めに袖をとっているので二の腕の収まりもよい。

着ていくほどにちょっと伸びたりヨレてくる感じを大切にした素材



MADISONBLUE マディソンブルー 【予約販売】DEEP VネックTシャツ >>>

タイトスカートにちょっとよれたTシャツで颯爽と歩く大人の女性をイメージして作られています。

「素材から選ぶ大人のカットソー」

素材、生地選びも大切なところで、ある程度の張りと光沢のあるもの。
レーヨンやナイロンの混じった生地は、きちんと見えて清潔感もあります。

コットンの洗いざらしTシャツは、大人の顔が疲れて見えるので
洗いざらし感が出てきたら取り替え時期。

同じ白のTシャツをストックしておいて、古くなったらすぐに取り替えていつも真っ白のおろしたてTシャツを着るおしゃれの達人も。

とくに仕事のときに着るものや、ヘビロテするつもりのカットソーは少し上質なものを買っておくと良いそうです。

「大人が買ってはいけないカットソー」

・からだにピタピタして肉を拾うもの
・洗いざらした感じの強いもの
・ロゴTやキャラクターT

また全体的にぽっちゃりした体型になってくる大人が、可愛いデザインのトップスを着ると
全体的にボリューム感がたっぷりに見えてしまうことも。

私が先日着て衝撃を覚えたカットソーがこちら

体にピタピタして袖がフリル

それでもって、素材はコットン100でちょっとくすんだネイビーで洗いざらした感あり。

つまり大人が買ってはいけない要素だらけのものでした。

ネイビーが好きで、ノースリーブだけどフリルがあるから「あらいいわ」と試着せずに買ってます。

注意しますっ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする