2017年の秋冬はエコファーが大流行するらしい!持っていると超便利なファージレ

2016年からじわじわと流行しているエコファー
今年は大流行する気配と日経新聞MJの記事に書かれていました。

エコファーの原料を手がける会社には、企業からの問い合わせが前年の倍以上で
ハイブランドのコレクションでもリアルファーではなくエコファーをつかったアイテムが多用されています。

「なぜエコファーが人気なの?」

・毛皮よりも加工しやすいため、デザインが豊富にある。

・着色もしやすいのでカラーも自由自在

・値段が手頃

・手入れがしやすい

・技術開発によって、本物の毛皮と見た目と風合いに差がなくなってきた

などがあげられます。

そして、動物愛護といった観点から本物の毛皮をつかわない企業も国内外で増えてきました。

「ファーフリーのブランド」

ステラマッカートニー、アルマーニグループ、カルバンクライン、ラルフローレン、トミー・ヒルフィガー、ZARA、H&M

そしてラグジュアリーブランドGUCCIも2018年春夏コレクションからアニマルファーを使用しないというファーフリー宣言をしました。

国内でも少しずつファーフリーのブランドは増えてきて

ミラオーウェンはファーフリーブランドですし、プラステは今季限りリアルファーは使わないそうです。

海外にはファーフリーを宣言するセレブも多く

アリアナグランデ、ナタリーポートマン、ペネロペクルス、クリスティターリントンなど錚々たる顔ぶれが、ファーを着ないことを公言しています。

日本ではまだそれほどではないけど、

「毛皮を着ているとちょっと後ろめたい」と感じるけど
「エコファーなら堂々と着ることができる」という意見もあります。

ところでエコファーって以前はフェイクファーって言いましたよね?

フェイクといえば偽物

偽物はちょっとイメージが悪いってことで、エコファーという言葉へ変換しているところだそうです。

ついフェイクファーと言ってしまうんですけどね。
まぁ、どっちでも良いか(笑)

以前はものによって、ぬいぐるみの毛のようにちょっとごわごわしていたり硬いものもありましたが今は、柔らかくフワフワのものが増えています。

「エコファーの1枚目は絶対にベストタイプがおすすめ」

1枚目のエコファーは、ベストタイプがオススメ!

ダウンベストって1枚あると超便利ですが、それと同じように使うことができます。
アウターとして着たり、薄手のものならコートのインナーに着たり。

とくにロング丈は暖かくて、アラフィフ世代の気になる腰からお尻まわりをフォローしてくれるので超オススメです。

暖かさはダウンベストと同じかそれ以上ですし、なによりおしゃれ感がちがいます。

昨年などは、どのブランドもエコファー素材のアウターはすぐ売り切れてましたが
今年はどうかな?

気に入ったものは早めに購入されることをおすすめします。

私は去年というより今年は1月に入ってから探し回ったので、いいなぁ〜と思うものはすべて売り切れだったりして
額に青筋立てる勢いで毎日探しまくりました(笑)

「私のエコファーコレクション」

コレクションって。三枚です(笑)

白と黒とグレー

この3枚があれば、大抵のものに合わせることができます。

欲しくなった時期が、もうシーズンの終わりでファッションサイトで探すも売り切れだらけでした^^;

左の白いものはフワフワしたファーでちょい厚め

トレンチコートの下に着ることが多いです。

スタイリストの室井由美子さんのブランドで買いました(ショップチャンネルにて)。

真ん中の黒は、フワフワ素材のループヤーン。

こちらは人気モデルの五明佑子さんのブランドクワンティシ(これまたショップチャンネルにて)

軽くて薄いけど、暖かいのです。 たたむと手のひらに乗っかるほどコンパクトになります。

ライダースジャケットに重ねて着ると、寒い日でもOK

右のショート丈エコファーはかなりボリュームがあって

超暖かいです。

コートのインに着ると、肩と背中が巨大なオバちゃんになるのでアウター専門です。

エコファー求めてあちこち歩きまわり、滅多に入らないGAPで運命的な出会いをして即お買い上げ。

確かセールで7000円くらいだったはず。やすーい。

着ていると、お洋服店のショップ店員さんに何度も褒められました。

その度に「ギャップで買ったんですよ!」

と聞かれてもいないのに、張り切ってお答えしてました(笑)

「今年のエコファーご紹介」

去年は買おうと思ったのも遅く、本当に手にいれるのが大変で最後は通販サイト(ショップチャンネル)にお世話になりました。

しかし今年はたくさん素敵なおしゃれエコファーがどんどん販売されていますね♪

ステラマッカートニー  

ADAWASのジレはエコファーとニットを組み合わせたデザイン

GALLARDAGALANTE (ガリャルダガランテ)

kaon(カオン) 袖と身頃のファーの種類を変えた凝ったデザイン

agnes.bのエコファーベストはフード付き裏はボーダーのアニエスらしさ満載

プラステのエコファーロングジレは自宅で手洗い可能

Milano Collectionのフェイクファーベストはフード付き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする