ビニール傘がおしゃれで機能的になった高級ビニール傘3選!使っている人の感想は?

「ホワイトローズ」メイドインジャパンの高級ビニール傘

ビニール傘はデイリー使いの便利品になりましたが、ビニール傘でもうんと高級なものがあるのはご存知でしょうか?

世界で一番最初に透明フィルムの傘を発明したのは、日本です。

選挙の時や、皇室の方がお使いになることでも知られている傘メーカー「ホワイトローズ」さんが一番最初にビニールで傘を作りました。

使い捨てとは一線を画す、高級ビニール傘をご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




「世界初のビニール傘カテール16はおチョコにならない逆弁仕様」

※画像お借りしています

最近雨の日に強風が吹き荒れることが多く、傘はあっというまにおチョコ状態になってしまい、
仕方なく途中で投げ捨ててしまう経験をした人も多いはず。

一般的なビニール傘は、破れたり裏返しになったらそこでおしまい
使い捨てです

ところがホワイトローズの傘は、張り替えまでも可能な高級ビニール傘です。

とくに人気はカテール16という、骨が16本タイプ。

カテール16は強度を高めるために16本の骨を使い、強風にあおられても裏返しにならない逆支弁仕様です。
傘が壊れる要因のひとつが内側からの風圧と言われていますが、内側からの風が吹き抜ける設計で強度が格段に増しています 。

 

骨が多いことで重さが心配になりますが、親骨と受け骨にはグラスファイバーを使うことで軽く作られています。

ビニール傘のチープな雰囲気を払拭する、木製の持ち手
傘のフチは布のトリミング加工がされています。

ちょっと大きめで65㎝、価格は6400円
大きめの傘が好きな人や男性にもおすすめです。

「カテール16を使っている人のコメント」
・全てのパーツに高級感と手に持った時の安定感はバツグン。透明だというだけで一般的なビニール傘とは全く違う製品です。
・重さはあるので妻は重いと言いますが、逆に言えばそれだけ堅牢な造りで安定しています。

「美智子皇后様が園遊会で使われる縁結(えんゆう)」

女性に人気あるのは少し小ぶりでよりエレガントな縁結

※画像お借りしてます

皇室関係者のためにつくられたビニール傘で、
ご公務の中でも、園遊会のときにもたれているのがこの縁結です。

特徴は手元についた房飾り。 傘をさした時の手元に房が垂れている様子はとてもエレガントです。

ビニール傘にありがちな表面のベタつきが押さえられた、3枚重ねのオリジナルの生地が使われていて
強度もしっかりしています。

もちろんカテール16同様、強風にあおられても裏返しにならない逆支弁仕様です。

骨の長さは58㎝と、カテール16より7㎝も短いため女性にぴったりです。

カラーはゴールド/シルバー/ピンク/ネイビーの全4色
ポリエステルサテンの 収納袋もセットになっています。

※画像お借りしてます
価格は8000円

「縁結を使っている人のコメント」
・ワンタッチタイプじゃないのがちょっと面倒だけど、ビニールで作られているのに
1年使って暴風雨にも負けずしっかりと丈夫な耐久性があります。

・ビニール傘のため視線が遮られることなくとても安心、そして何よりとても上品で雨の日が楽しみです。

「エリザベス女王が色違いで愛用するフルトンのビニール傘」

ビニール傘ブーム(?)の始まりは、イギリスのエリザベス女王が愛用するフルトンのビニール傘

※画像お借りしてます

透明なビニール傘を使うのは、雨が多いイギリスで公式行事の際、集まった人々に顔がよく見えるようになのだとか。

フルトンの中でもエリザベス女王が愛用するのはバードゲージ

「バードゲージとは?」
名前の通り鳥かごに似た、体をスポッと包むようなフォルムが特徴的な傘

エリザベス女王のトレードマークである高さのある帽子に当たらないデザインです

おしゃれなエリザベス女王は、特注カラーを用意して洋服のカラーとフルトンの縁カラーを合わせています。

市販されているのは、英国王室の公式カラーのロイヤルブルーほか、
柄物も豊富に発売されており、日本限定デザインもあります。

骨の長さは65㎝ お値段は6000円  子供用の小さなサイズもありますよ

「バードゲージを使っている人のコメント」
・丸く深いシルエットなので、肩などが濡れずらく安心です。
・ちょっと重さはあるけど差しているときは、透明なので視界が広く重さも気にならない。

まとめ

いかがでしょうか?高級ビニール傘。

安いビニール傘なら、つい忘れてしまいがちですが、さすがにこの3つの傘はおいそれと忘れてくるわけにはいきませんね♪

贈り物にも喜ばれそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする