金運の上がるお財布下がるお財布の違いとは?2018年は金運アップの大チャンス

年末になると金運に関する情報が雑誌やテレビで多く取り上げられます。

金運と直結していると言われるのがお財布

今日は金運が良くなるお財布と金運が下がるお財布ついてまとめてみました♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)




【2018年は金運アップの大チャンス】

お財布で開運と言っても、世の中には情報が錯綜していてどれが良いのか、どれが一番効果があるのか(つまり金運がアップするのか)

混乱したりしませんか?

実は私そういった混乱をなんとかしたくて、風水を学んでみよう!と思い立ち

これは!と思った先生数人の元で約1年半風水の勉強していた時期があるのです。

金運や開運の話になると風水を取り入れている人が多いですよね。

なので特に風水をベースにお財布のことを考えるのが好きです。

風水のベースである気学では

「2018年は九紫火星の年」

すべての物事が始まり、生まれる年でもあり、リスタートの大チャンス

金運をリセットするには絶好のチャンスの年と言われています。

日ごろのお買い物癖を見直したり、お財布をリセットして新しくするのも効果大です。

ではどんなお財布を選んだらよいのか!

【金運が良くなるお財布の使い方】

人気風水師の李家幽竹さんはお財布について、よくコラムに書かれていますが
それによると・・・

1・ワンランク上のお財布を選ぶ

※ 画像お借りしています

財布のランクを上げることで、お財布に見合った金運が流れてくるようになります。

ただし無理のしすぎは禁物
「無理をした」「勿体なかったなぁ」といった、ネガティブな気が財布に入り込んでしまうことに。

なので、ワンランク上。ここがポイントです。

2・使う前に初期設定をする

お財布の使い初めは、初期設定をするとお財布が記憶をして、常にそれくらいのお金が入っているようになります。

「お財布初期設定のやりかた」
使い初めの9日間
普段お財布にいれている金額の3倍くらいの額を入れておく

普段5万円くらいを入れている人は、15万円を9日間入れておく
これだけです。

3・使い始めるのは12月〜2月がベストタイミング

李家さんによると、新しいものをおろすには12月〜2月、または梅雨のシーズン
雨や雪の日が良い。

これらに共通するのは、「水」の気が高まるから。
水の気が高まると、「お金が増えやすくなる」そうです。

晴れの日ばかりだわー
というときは、夜(水の時間帯)にお金を入れておいて翌日から使うのもOK

4・お財布の寿命は最長で3年

お財布ってどれくらい使っていいのか?諸説ありますが、財布には寿命があり、その寿命は3年と言われています。
最長で3年
これを過ぎるとお金を生み出すパワーが無くなってしまうのだとか。

でも
「とても気に入って買ったお財布」
「頑張って買った高価なブランド財布」

など、3年でさよならするのはちょっともったい無いですよね。

そんなときの対処法もちゃんとあります

それは
「お財布を休ませながら使う」

お気に入りのお財布をある程度使ったら、今度はもう一個のお気に入りに使い変える。
その間もう一個のお財布は休ませておくことで、パワーが消耗しないので、使い続けるより長く使うことができるというわけです。

1年使ったら1年お休み
といったサイクルで使いますが、少しずつパワーが落ちるので1年使って1年休ませたあとは、
1年使ったあと2年お休み
さらに
1年使ったら3年お休みという感じにしていきます。

最終的お財布を使う年数はトータルで3年を超えたらパワーが落ちるのは同じなので、通算3年を超えたら買い替え時期です。

お財布を複数持ちして使い分けるのは楽しいですよね。

実は私も、同じブランドのお財布を何個も買って使っています

(ハイブランドでは無いけどとても使いやすくてこれしか使えない人が続出のお財布です)

本来なら前に使っていたものは処分すべきところかもしれませんが
愛着があって捨てられない。
しかも毎年限定のものが出て、欲しくなるんですよ。

この方法を知って「やった!」と思いました。

なぜなら今年も新しいものを買ってしまっていたので(笑)

続いてこんなお財布の使いかたは金運が悪くなる!

【金運が悪くなるお財布の使いかた】

大前提として3年以上経っていたり、汚れや角の擦り切れが目立つお財布はNGです。

1・素材がナイロンやビニール

素材がナイロンやビニールのものは、「火」の気をもちます。
つまり、お金を燃やしちゃうってことになるので
お財布には選ばないのがベター。

ナイロンやビニールを大人が持つにはちょっと・・・ですしね^^;

最近注目のエコレザー(合皮)は、ナイロンほどではないけど、少しお金の出入りが激しくなるそう。
金運を安定させるなら、革製がベストです。

2・レシートをたっぷり入れている

家計簿につけるとか、経費の精算などのために、レシートをお財布に突っ込んだままにすると
お札が入る余地が少なくなります。
家に帰ったらすぐに取り出す習慣を!

3・カード&小銭でお財布がパンパン

カードや小銭でお財布をパンパンにしているのも、レシート同様
お札の入るスペースを無くす行為。

小銭はコインケースに、カード入れを使うとお金が入りやすい環境が整います。

4・金運が悪いひとからプレゼントされたお財布

お財布はお金持ちにプレゼントしていただくと良い!

と聞いたことはありませんか。

作家の林真理子さんは、自分よりお金持ちということで

「秋元康氏」にお願いしてお財布をプレゼントしてもらったそうです。

なぜお金持ちからプレゼントされるのが良いのかというと
「その人の金運もいっしょにもらう」ことにつながるからです。

なので、金運があまり無い人、一攫千金ばかり狙っているような人からもらうのは避けたほうがよさそうです。

5・お財布を使わないでマネークリップ

女性でマネークリップを使う人は少ないかとおもいますが・・・

お財布はお金がゆったりと落ち着いて休むためのスペース
マネークリップではお休みができないので、お金が居着いてくれません。

海外旅行のときなど外貨を使うとき以外は、NGです。

と、こんな感じです。

お財布の話ならとめどなくしてしまうのですが、あまりに長くなってしまったので(笑)

具体的にどんな財布を選んだら良いかなどはまた次回に>>>

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする