地曳いく子さんの新刊は50代バブル世代のファッションQ&Aとお買い物指南が役に立つ

スタイリスト地曳いく子さんの新刊
「脱「若見え」の呪い 素敵なおばさまのススメ」を買いました。
キレ味抜群のコメントが冴え渡った、面白いファッション指南本。
中でも今ファッションに迷える50代がどこで買いものしたらいいのが参考になります。

地曳さんの本の中で、一番衝撃的だったのは「服を買うなら捨てなさい」
この本を読んで「バリエーションは必要無い」ことを知り
自分が好きなものだけ着てればいいんだなぁと、目からウロコが落ちました。

しかし、最近自分の好きなものをどこで探せばいいのかがわからないんです(笑)
それはかつてのように、好奇心たっぷりにあちこちのショップに赴いたり、新しいものを探したりしなくなっているからだと思います。

で、そんなアラフィフがどこで買いものしたらいいのか、どうしたらBBAにならないか(笑)などを親切に教えてくれていてこれが参考になります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




「ZARAで洋服をスムーズに探すコツ」

ザラは便利だけど着丈が短いものが多く、洋服が多すぎて探しにくい。

地曳さんの答えは
お店に行く前にネットで検索してお店でチェックした写メをみせると、すぐに探してきてくれる。

なるほど!

確かにZARAは商品が豊富で便利だけど、商品が多すぎて探しきれないことがしょっ中。
あらかじめ、ZARAのオンラインショップで探して写メを見てもらう。

または、ザラのオンラインも便利です。
注文するとわりと早く届くし、お店に並んでいるものより綺麗な状態のものが届きます。

「履きやすくてきれいに見える靴ブランド」

予算があるなら、マノロブラニク、クリスチャンルブタン、ジミーチュウ
この3ブランドは履いているとどこで買ったのかよく聞かれる鉄板ブランドで、ローヒールやフラットシューズを買う。

その他、トッズ、コールハーン、カンペールもコスパ良し。

足に当たるところがあるなら、こまめにシューストレッチャーで伸ばすことをおすすめされています。

ヒールが辛くなるであろう50代への指南なので、フラットシューズをすすめています。

マノロブラニクのローヒールは、スタイリストのソニア・パークさんもたくさんコレクションされていましたね。

引用:ソニアのショッピングマニュアル1to101

「50代におすすめのブランド」

ファストファッションなら
ユニクロU

セレクトショップなら
予算があればドゥロワー、ストラスブルゴ、プレインピープル、ザ・シークレットクロゼット、エストネーション、イセタンサローネ、バーニーズニューヨーク

必ず着たいものがワンシーズンに何枚も見つかるわけじゃないけど、いまの気分がわかる。

通販サイト
ピンキリだけど、地曳さんは下着なども海外サイトで買うそうです。

「おすすめファッション情報サイト」

今はおしゃれ芸能人などのインスタがファッションソース
地曳さんおすすめは、夏木マリさんや、渡辺満里奈さん

夏木マリさんはすぐに納得できたけど、「渡辺満里奈??」と一瞬思った私

頭のなかで「おにゃん子クラブ」と「名倉潤氏」が浮かんでしまうんですよね。
しかし早速渡辺満里奈さんのインスタとブログを見ると、確かに今トレンドのお洋服をサラッとおしゃれに着こなしている。

時間が止まっていたのは私でした^^;

「お買い物はお気に入りの販売員を見つける」

「私たち世代になると若い店員から「デニムとかにも合いますよ」なんて言われるのにうんざりしている」

これ読んで笑ってしまいました!

その通り! 若い店員さんって「デニムに合います」しか言いませんよね(笑)

地曳さんは同世代の仲良し店員さんを見つけることを提案。
ご自身は新宿伊勢丹にいて頼りにしていた店員さんがイセタンサローネに移り自分もそっちに移動したそうです。

しかし同世代の店員が少ない!
私は新宿のエストネーションにいらしたアラフィフ世代の販売員さんのコーディネイトや、丁寧な接客が大好きだったのですが
エストネーションがNewmanに移ってから、あまり行かなくなってしまって・・・。

自分で快適な買物ができる環境を減らしていました。

もっとまめに、ニュウマンに行ってみようかな〜。

「ファッションのプロはどこで洋服を買っている?」

これがとっても面白かったんです。 実際スタイリストさんってどこの洋服着てるか知りたいですよね。

地曳さんの場合
バーニーズニューヨークで買うのは
エンフォルド、チノ、プレインピープル、ハイク

お金があったらサカイ

ロンハーマンでは
エリン
他は高いのでストールなどの小物を

靴で人気があるのは
ステラマッカートニー・マルニ

どちらもプラットフォームや中ヒールなどは履きやすくてどんな服に合わせてもモードになる。

同世代のスタイリストさんの中で人気なのは
エンフォルドZARAそしてユニクロU

以前は高い洋服をたくさん買っていた同業者のかたも、今の時代にちょうど良い洋服はこれらのブランドにあるようです。

「最後に」

地曳さんの本は他2冊持っています。

他にも何冊も出版されていますが、「服を買うなら・・・」と内容が似ているように感じたので買っていないけど、
槇村さとるさんとコラボした本と山本浩未さんとコラボした美容本は地曳さんの辛口コメントが面白くって。

今回の本は途中の洋服の履歴書とかその辺はあまり興味がなく飛ばして読んでしまったけど、最後の方がとても面白く参考になりました。

地曳さんの提案は目指すはナイス&カジュアルな最新型の素敵なおばさま
「ブリジット・マクロン」

フランスマクロン大統領の奥さんですね。 ブリジットさんのファッションや雰囲気とても素敵ですよね。
シワがあっても気にならない、むしろシワも素敵。

ちょっと肩が上がりすぎている?と思うのだけど、スタイルも抜群ですし
何よりいつもハツラツとしている。

ブリジットさんのファッションにももうちょっと切り込んで解説したものを読みたいな〜。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする