マディソンブルーのシャツ型の違いとは?2018年の新作シャツもご紹介

シャツに定評があるマディソンブルー、シャツは定番の形がいくつかあり、シーズンによって素材の違いを楽しむことができます。

さて、MADISONBLUEマディソンブルーのシャツの形の違いとは?

マディソンブルーのシャツ

『HAMPTON ハンプトン』

マディソンブルーで一番人気が高いと言われているのがハンプトンシャツ
特徴的な大きなポケットが2つ着けられたワークシャツです。
ポケットのデザインや、縫い方はワークアイテム仕様。
メンズサイズのような大きめサイズをレディース向きに落とし込むことで、絶妙かつカッコよくて女性らしいサイズ感になっています。

ステッチやボタンも、ヴィンテージな雰囲気が出るように工夫されています。

2018年の春夏はリネン素材のハンプトンシャツが予約受付中です。

白、ピンクのほかに、こんな個性的なグリーンもあります

MADISONBLUE マディソンブルー 【予約販売】HAMPTON リネンシャツ グリーン>>>

『J.BRADLEY シャツ』

マディソンブルーの定番シャツのひとつJ.BRADLEY

7分袖はロールアップして50年代風に着用するのがポイント!

MADISONBLUE J.BRADLEY シャツ>>>

第一ボタンを外すと、外側にきれいに襟が開きます。
モードにもカジュアルにもぴったりな便利な1枚です。

ロングカフタイプもあります

MADISONBLUE J.BRADLEY カフシャツスモール>>>

2018年春夏
ノースリーブです。 カラーは白、ネイビー、サックスブルー、イエローも

MADISONBLUE マディソンブルー 【予約販売】J.BRADLEY ノースリーブシャツ ホワイト>>>

『マダムシャツ』

いちばんシンプルなデザインが、定番のマダムシャツ
一見カジュアルなデザインですが、女性らしさを演出するための工夫がたっぷり。

生産はドレスシャツ工場でボタンもドレスシャツで使われる厚みのあるものが使われています。
着ると襟が自然に外に開き、きれいなネックラインが実現します。

2018年春夏

涼しげなラミー素材のマダムシャツが予約受付中

ネイビー、ピンク、サックスブルーがありました

MADISONBLUE マディソンブルー 【予約販売】MADAME ラミーシャツ ピンク>>>

『パフスリーブシャツ』


パフスリーブの袖に、胸元にはフリル。
辛口のアイテムが多いマディソンブルーの中では、甘い雰囲気のパフスリーブシャツです。

ですが、ただの甘口にならないのがさすがです。
シルエットはスリム。
襟はシャープな形にしているのと袖がブワッと膨らみすぎないように後ろ部分にギャザーが取られています。

2018年春夏

カラーはサックス、ブラウン、ピンクがあります。


MADISONBLUE マディソンブルー 【予約販売】パフスリーブリネンブラウス サックス>>>

「マディソンブルーシャツサイズ選びのコツ」

代表的なシャツの違いを簡単にまとめてみました。

しかしサイズ選びも気になるところですが、マディソンブルーを取り扱っているショップの方にお尋ねしたところ

「自分がどんな風に着たいかによって選ぶと良い」とのことでした。

たとえば、ゆったりとシャツを着たい場合には普段XSの人でもSやMを買われるそうです。

大きめで着てもぴったりサイズを選んでもきちんとカッコよくキマるのが、マディソンブルーの魅力とのこと。

ショップの方も、普段はMサイズを着ているけどハンプトンシャツはSを選んでタイトな感じに着てみたり、などシャツのデザインによってサイズを変えているそうですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする