そろそろ老眼鏡デビュー?!老眼と老眼鏡の疑問について調べてみました

化粧品の箱の文字が読めない、洋服の値段が読めない、スマホはまず文字を大きくしてからじゃないと読めない、そろそろ老眼鏡かなぁ〜?
しかしその前に、老眼と老眼鏡についてはわからないことだらけ下調べをしてみました。

老眼の基礎知識

老眼鏡は眼科で作ったほうがいいの?
老眼かと思ったら、ドライアイや他の目の病気だったということもあるそうです。
眼科で正確な目の状態を知ることもできますし、検眼してもらったデータを元に好みの眼鏡屋さんでメガネを作ってもらうのが良いです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




「遠視と老眼って違うの?」

遠視と老眼どちらも似ているようですが
遠視は目の屈折異常で、遠くはよく見えて近いところは見えにくい状態。
老眼は老化による調節異常で、近いところだけピントが合わない状態です。

「近視の人は老眼にならないの?」
老化現象の老眼は誰にでも起こり、近視の人でもなります。

「老眼鏡をかけるのとかけないのとではどっちが早く老眼が進むの?」
老眼鏡をかけると老眼が進む!
これは俗説のようで、老眼鏡をかけなくても老眼は少しずつ進行するし
かけずに我慢をすると、眼精疲労の原因になってより文字が見づらい状態になる人も。

無理をせずに快適なメガネをかけるのが良さそうです。

「スマホ老眼とは?」

最近よく聞く「スマホ老眼」
スマホを長時間使うことで若い人にも起こる目の調節機能のトラブル

遠くを見るとぼやける、遠くは見えるけど近くの文字がみにくい、薄暗いと見にくいといった現象が起こります。

老眼鏡(リーディンググラス)の基礎知識

「既成の老眼鏡とオーダー老眼鏡の違いってあるの?」
既成の老眼鏡は左右の度数が同じ。
乱視矯正もされていません。

実際には両目とも同じ視力の人はほとんど居ないし、乱視のある人も多いです。

オーダー老眼鏡は、レンズの度数だけではなく、目の中心とレンズの中心を合わせたり、レンズまでの距離を合わせたりするのでかけたときの快適さがちがそうです。

「ルーペ(拡大鏡)と老眼鏡って違うの?」

ルーペは小さいものに近づけて拡大させて見せ、
老眼鏡は目の焦点を合わせることで拡大はごくわずかです。

老眼鏡をかけたくない時、小さい文字をささっと読みたい時はコンパクトでおしゃれな拡大鏡があると便利です。
暗いところで使えるようにライト付きもありますよ。

「100均で売ってる老眼鏡じゃだめ?」
一時的に拡大して見る程度ならOK
ただ毎日使うと、合わないレンズを使うことで眼精疲労や肩こり、頭痛などの原因になることもあるので注意!

「老眼鏡と遠近両用レンズの違いって?」
老眼鏡は、手元だけよく見えるので近視じゃない人向け
遠近両用は、近視で遠くが見えにくく近くも見えなくなってきた人用に累進レンズが使われている。
近くを見る時はレンズの下の方で見るようにします。

遠近両用レンズは最初は少しギコチなく感じるようですが

1週間から2週間程度で慣れる人が多く、老眼初期の人ほど早く慣れると言われています。

おしゃれで1万円以下通販でも買える老眼鏡(リーディンググラス)ってたくさんあるんですね〜。 こちらのページもよかったら見てみてくださいね>>>

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする